賃貸を探す時は下見を夜と昼の2回行うようにする

下見は賃貸選びの重要なポイント

賃貸を探す時は、下見をするのを忘れてはいけません。いまはネットが発達しており、ネットを使えば、その物件の様子をある程度知ることができます。でも、ネットで得られる情報には限りがあります。例えば、臭いのような五感に関係がある情報はネットだけでは知ることができません。まずネットで良さそうな物件を探して、それが見つかったら、実際にその物件のあるところに行ってみましょう。下見をするときは、まず駅からの距離をチェックします。駅から近い物件の方が暮らしやすいです。入居者募集の広告にも駅からの距離は書かれていますが、それは目安であり、実際の距離は自分で歩いてみないと分からないことがあります。それから、音にも注意しましょう。近所から騒音が聞こえてこないか調べます。

昼間と夜間の2回行くようにする

良さそうな物件が見つかったら、上記に書いたようにまず下見に行きます。その時に効率の利便性や騒音などについて、調べます。仕事などで忙しく時間のない場合を除いて、物件の下見は2回行くようにしましょう。昼間と夜では、環境が変わる部屋が多くあります。夜間になると、その物件に住んでいる人たちが仕事から帰ってきます。テレビの音を大きくて、それを見る人がいるかもしれません。または酔っぱらって、騒ぐ人もいます。このような人が自分の部屋の近くに住んでいないか調べるのは大切です。それから、建物のまわりの音にも気を配りましょう。その物件の近くに大きな道路があって、そこを暴走族が通ることがあります。このような場合は、騒音がうるさくて快適に過ごせなくなるので、その物件は避けた方が無難です。

札幌の賃貸マンションの中には、家具や家電が備わっている物件もあり大変人気を集めています。すぐに新生活を始められると、好評です。