相続税の申告が必要な場合と節税対策とは?

相続税の申告が必要になる場合とは?

相続税は相続や遺贈によって財産を取得した人が支払う国税です。原則として相続税の基礎控除額を超える財産を取得した場合に申告義務が発生します。基礎控除額は3000万円と法定相続人の人数に600万円を乗じた額の合計額です。例えば法定相続人が1人の場合には3600万円ですが、4人いる場合は5400万円となります。基礎控除額が高額なので一般的な家庭で相続税の納付が必要な場合はあまり多くはありません。基礎控除額を超える場合でも様々な控除制度や軽減規定が存在するため、申告義務が発生しない場合もあります。相続税の計算には専門的な知識が必要となりますが、適切に対処すれば払い過ぎを防ぐことができます。相続税の申告に際しては、税の専門家である税理士に相談することが最も合理的な方法です。

相続税を節税する方法

相続税を節税するには、生前から準備を進めておくのが合理的です。まず生前に財産を分散させる方法が考えられます。贈与税の基礎控除額は110万円なので、配偶者や子供などに毎年110万円以内の贈与を行うことで非課税で財産を承継させることができます。また財産を相続税が非課税となるものに変えるという方法もあります。墓地や仏壇などは相続税の課税対象とはなりません。相続で取得する生命保険金も500万円に法定相続人の人数を乗じた額が非課税となります。さらに相続税を計算する際に土地や建物などの不動産は現金よりも低く評価されます。そのため不動産を購入することによって節税効果を期待することが可能です。小規模宅地の特例では居住用、事業用の宅地で一定の要件に該当する場合、評価額が最大で80%減額されます。

相続税対策のポイントを理解するうえで、腕の良い税理士が揃っている事務所にいち早くサポートを依頼することが肝心です。