敷金と礼金は忌み嫌うものでは無い!?役割を知れば納得出来る

敷金はなるべく多く納めると良い

部屋を借りる時に支払う初期費用には、敷金が含まれることが一般的です。家賃の何ヶ月分納めるかは、大家の方針により決められますが、敷金ゼロ物件は退去時精算でトラブルとなりやすいので注意が必要となります。地域ごとの違いがあるものの、家賃2ヶ月分というケースが多いことは、退去時の原状回復費用が家賃1ヶ月分では不足する可能性があることを示しています。

敷金3ヶ月分納める賃貸物件は、敬遠されがちですが、設備投資がしっかりと行われている部屋や新築物件では敷金を多めに要求して退去時の修繕費トラブルを回避するわけです。敷金が少ない部屋ほど、初期費用として不動産屋独自の条件が大家の預かり知らない所で発生する可能性が高いので、警戒しておくと良いでしょう。

礼金有りは安心の印になる

賃貸物件を借りる時に最も入居者から嫌われるものとして、礼金の存在があります。敷金とは異なり、大家に対するお礼の意味合いで本来は納めるものですから、退去時に戻ってくることが無い費用です。礼金の設定額にはバラツキが多く、家賃の半月分から3ヶ月分まで様々あります。しかし、入居者にとって礼金がゼロの部屋よりも安全性が高いことに気が付いていない人がいます。なぜなら、礼金がゼロとなっている部屋の中には、大家がローンを組んで経営しているケースがあり、アパート経営に失敗すると競売に掛けられるリスクが高いからです。礼金を入居者から受け取れるのは、金融機関から融資を受けていない場合に限定されているので、礼金が例え半月分だとしても設定されていれば、少なくともローンは組まれていないことになります。

菊水の賃貸についてのご紹介です。菊水の相場はどのくらいなのか調べてみました。菊水の家賃は、1DKでおよそ4.2万円程です。二人暮らしで2LDKですと、7万程の家賃が菊水の家賃の相場です。