引越しの手順を知っておけば段取りがスムーズに

引越しの準備はあわただしくなりがち

賃貸物件が決まったら次に行わなければいけないのが引っ越しの準備と引越しです。賃貸物件を探す時と違い、引っ越しの準備には期限があります。手順をあらかじめ知っておき、早めに行動しないとどんどんやらなければいけないことがたまっていき、あわただしくなります。

契約前に要らないものの生理をしよう

引越しを楽に済ませるために最も大切なことは要らないものを処分し、できるだけ荷物を少なくするという事です。荷物が少なくなることによって引っ越しの際の荷造りが楽になりますし、引越の荷物が少なくなれば引っ越し料金自体も安くなると一石二鳥です。そして荷物の整理は賃貸物件の契約前にも出来るので、早めに荷物の整理はおこなっておきましょう。
特に粗大ごみに関しては引き取ってくれる時期が決められているので契約が決まってから粗大ごみを出そうとすると当日までに間に合わない恐れがあるので特に気を付けましょう。

ライフラインの手続きなども忘れずに

引越しの荷造りや整理も大切ですが、ライフラインや住所等の手続きも引越前にやっておかなければいけない大切なことです。各種手続きはだいたい引っ越しをする予定日の二週間前くらいには済ませておきましょう。電気、ガス、水道いずれも電話での手続きが基本ですが、インターネットでの手続きも可能なので、日中時間が取れない人はインターネットでの手続きが便利です。
また、役場に行って転居手続きをする必要もあるので忘れずにおこないましょう。転居手続きに関しては役所が閉まっている時間でも受け付けてくれるところが多いです。

バスセンター前の賃貸物件は人の行き来が激しい立地になるので、小売店などの商業施設に適しています。その一方で車両が頻繁に走行することから、安全確認には細心の注意を払うことが大切です。